スマホ代の値下げはカンタン?スマホ料金見直しする具体的な方法5選!

その他情報

今回はスマホ代の見直しについての記事となります。

英語学習ひろば調査による携帯料金に関する調査の記事より、まだまだ多くの方が大手キャリアを使っており、通信費に月5,000円以上かけておられる方がほとんど。

中には月10,000円以上支払われている方も。

総務省による、通信プラン値下げの動きが加速するなか、家庭のスマホ代を見直そうとされている方は多いと思います。

そこで今回は、スマホ料金の見直しをする具体的な方法を5つ紹介します。

この記事でわかること

・今こそスマホ代を見直す理由
・具体的なスマホ代見直し方法5選
・おススメのキャリアの選び方

のりかえに抵抗がある方も、やってみたいけど不安な方も、カンタンにスマホ代を下げる方法をお伝えすると共に、実際に満足度の高いスマホキャリアはどこなのか?を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

今こそスマホ代を見直す理由

これまで多くの法改正が行われてきましたが、イマイチ効果が出なかったスマホ業界。大手3社が同じような料金・同じような仕組みで国民を縛ってきた証です。

しかし状況の変化により、いよいよ値下げの波が打ち寄せてきました。

・楽天モバイル参入により通信業界に価格革命が起きた
・総務省も大手キャリアへ通信費値下げ指示をした
・SNSなどの情報拡散により通信業界の見えなかった裏側が見えるようになった

その結果、2021年4月以降様々なキャリアが通信費の見直しプランをはじめました。

サブブランド、オンライン限定ブランド、格安SIM。全てのブランドで値下げを行った、スマホ業界の値下げ元年です。

この機会に、通信費を見直す人は増えると予想され企業は一斉に顧客の獲得に乗り出します。

つまり、還元を増やしてでもユーザを獲得したいとの思いが強くなります。

このような理由から、スマホののりかえにはもってこいの年になると予想しています。

思い切ってキャリアののりかえに挑戦して欲しいところ。しかしやり方が分からず不安な方も多いと思います。

そこで、のりかえしても、しなくても通信費の見直しができる具体例を5つ紹介します。

具体的なスマホ代の見直し方5選

うえから順番に難易度が難しいが、還元も高いものとなります。

のりかえする

他社へのりかえをするパターン。

月額3,000円以上安くすることが可能+端末還元が受けれる

機種還元などを受けれる可能性が高く、通信費の値下げ新しいスマホが安く買えるという二重におトクになる仕組み。

・機種代還元は2万円までと上限あり
・しかし機種の元の金額を値下げしているキャリアは多い
・未使用品など販売しをさらに値下げするキャリアもあり

とくに機種代が安くておススメなキャリアはOCNモバイルONEです。

サブブランドへ変える

自社ブランド内で安くするパターン。

月額3,000円以上安くすることが可能

auからUQモバイル、ソフトバンクからワイモバイルへ変えることで通信費の値下げが行えます。問題があった場合はショップもあるため安心。

しかも格安SIM並みに安くすることが可能。

・ひとりだけの見直しならUQモバイルへの変更
・家族で見直しならワイモバイルへ変更

なかでもワイモバイルはYahooプレミアム会員が無料、PayPay還元も高くなる為おススメ

不要なオプションを外す

キャリアを変えるのはめんどくさいという方向け。

月額1,000円程度安くすることが可能

不要なオプションや使っていないオプションを申し込んでいないかチェックしましょう。ショップで契約している場合、不要オプションが付いていることが多いです。

・安心保障などのスマホ保険
・基本パックなどのセット
・使っていないアニメやブックコンテンツ
・おトク放題やセキュリティパック など

自身の使い方を考え、不要なものは外しましょう。セキュリティパックなども通常使いの場合は不要です。

また保険はキャリア保険でなく、一般企業の提供するスマホ保険の方が安くて補償が高いことが多いです。おススメのスマホ保険は「モバイル保険」

月700円で3台まで補償が可能、補償は年間10万円までです。

プランを見直す

こちらもキャリアを変えるのはめんどくさい方向け。

月額1,000円程度安くすることが可能

いま使っているプランを見直します。例えば電話かけ放題となっている場合、LINE通話で代替できないか?できる場合はかけ放題は不要です。

・通話プラン(かけ放題・5分かけ放題)
・旧プランになっている
・Wi-Fiでしか使わないのに大容量プラン

旧プランで高くなっている場合もあります。新プランへ変更するだけで安くなる場合もあるので調べてみましょう。

また、Wi-Fiでしか使わないのに大容量プランになっている方は小容量プランに変更しましょう。

家族や家の固定回線と揃える

こちらもキャリア変更は不要。

月額1,000円~2,000円安くすることが可能

いわゆる家族割引やひかり割引を受ける方法で、やや手間は多いです。

理由はすでに割引が適応されていることが多いため。ひとり契約の場合はなんらかの理由で家族でまとめられない場合がほとんど。

・家族3人でまとめると-1,000円
・家の固定回線とまとめると-1,000円
・申し込みに家族証明書類(戸籍謄本など)や同一住所がわかる書類(免許証など)が必要

ショップ店員をしていた時にいちばん難しかったのが、この割引適応でした。

このような書類を用意してまで通信費を下げる意味はなく、サブブランドへ移行した方が早いしおトクです。

満足度の高いキャリアの選び方

満足度の高いキャリアの選び方のコツを紹介します。

・今の通信金額を把握する
・自分の使い方を理解する
・調査サイトを使って情報を仕入れる

まずは、自分の通信費のプラン代はいくらか、割引はなにあるかなどの内訳を理解しましょう。その後、自分にはどんな機能が必要か、パケットは月にどれくらいあれば適切かを把握しましょう。

現状が分かれば、調査サイトを使って情報を仕入れます。

今回参考にして欲しいサイトは、英語学習ひろば「スマホ料金と満足度、通信会社を選ぶ決め手は?【調査結果】」という記事。

・スマホ業界でない企業が集めた情報なので情報が片寄ってない
・第三者目線で情報が分かりやすい

こちらの記事で、どのようなキャリアが満足度が高いかなど具体的なところが分かるかと思いますので参考にしてみて下さい。

ご自身の使い方にあったスマホキャリア・プランを選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました