【デメリット無し】スマホのSIMロック解除手順|3ステップで解説!

その他情報

今回はSIMロック解除の具体的な方法をお伝えします。

2019年以降、2年縛りが緩和されのりかえをしやすい環境になってきました。もともと高額な解約金も、今は最高で約1,000円程度です。

その後、楽天モバイルの参入により手数料やSIM交換手数料など、多くの費用が撤廃されています。今後はオンライン限定ブランドなども始まり、Webからの申し込みでほとんど費用がかからずにキャリアを変える事も可能になってきます。

つまり、「のりかえ」優遇の時代が来ます。

その際に必ず理解しておかなければならない「SIMロックの解除」。今回はそんな「SIMロック解除」を解説していきます。

この記事でわかる事

・そもそもSIMロックてなに?なぜ必要なの?
・SIMロック解除の具体的な方法
・SIMロックが解除されているか確認する方法

私はSIMロックの解除はのりかえに向けたいちばん最初の手続きのひとつと思っています。なんのデメリットもなく、キャリアからの縛りを外す作業。

のりかえる人はもちろん、のりかえを検討しているというだけの人もぜひ実施していただきたい。

その理由も含めて解説していきますのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

そもそもSIMロックとは?

※出典:OCNモバイルONE公式サイトより

スマホには「SIMロック端末」「SIMフリー端末」が存在します。

国内の携帯キャリアでスマホを購入した場合、一般的に契約した携帯キャリアのSIMカード以外は使用できない仕組みになっています。これはいわゆる縛りの一種で「SIMロック」と言われます。

「SIMロック解除」とはその制限をなくすこと。これを行う事で、どの携帯キャリアのSIMカードでも認識し通信できるようになります

最初からロックがかかっていない端末や、手続きを行いロックを解除した端末を「SIMフリー端末」と言います。

SIMフリー端末のメリット

・どのキャリアのSIMカードでも認識する
・今のスマホ本体を使いまわし出来る
・売る時に高く売れる

SIMロックを解除することで、デメリットは何もありません

契約が解除されるわけでもありませんし、スマホが使えなくなる事もありません。ましてやデータが消える事もなく、見た目や契約上は全く一緒

そのスマホ本体のステータスが「SIMフリースマホ」になるだけです。

ふじ先生
ふじ先生

SIMフリースマホにしとくと
いいことばっかりやで

SIMロック解除を行う2つの方法

SIMロックの解除を行うには、ふたつの方法があります。

■SIMロック解除方法
・キャリアショップで実施してもらう(手数料 税込3,300円)
・Webのマイページより実施する(無料)

「マイページから実施する」のをおススメします。要する時間はおおよそ5分程度。しかも無料なのでマイページより実施しましょう。

SIMロック解除が出来るスマホの条件は以下のようなもの。

SIMロックを実施できる条件
・2015年以降発売された、SIMロック解除対象機器であること
・分割金支払い遅れなどで利用制限がかかってないこと
・機種を分割購入し100日以上経過していること
(一括購入・クレカ分割購入の場合は即日SIMロック解除可能)

この条件を満たしていればSIMロックの解除が可能です。

実際のSIMロック解除手順

実際の手順はたったの3ステップ。

3つの手順

(1)IMEI番号を確認して控える
(2)マイページにログインしSIMロック解除の手続きに進む
(3)指示にしたがい「IMEI番号」を入力

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)IMEI番号を確認して控える

IMEI番号とは、端末が固有にもつ15ケタの識別番号です。各設定画面から確認できる他、購入時に入っていた箱にも記載があります。

IMEI番号の調べ方は2パターンあります。

設定画面から確認する方法と、電話画面で「*#06#」と入力する方法です。

①設定画面からの調べ方
・Androidの場合
設定 > 端末情報 > 端末の状態 など
・iPhoneの場合
設定 > 一般 > 情報

②電話画面での調べ方
・Android・iPhone共通
電話発信画面で「*#06#」と入力する

画面に出てくるIMEI情報を確認し控えましょう。

(2)マイページにログインしSIMロック解除の手続きに進む

各キャリアで詳細が異なるため注意。

やりたいことを探せる検索部分「SIMロックの解除」と入力。

※画面はマイソフトバンクの例です。

SIMロック解除について表示された内容を確認しましょう。不安をあおるような注意書きが書かれていますが、無視しても大丈夫です。

※docomo公式サイトでSIMロック解除方法を確認する

※au公式サイトでSIMロック解除方法を確認する

※Softbank公式サイトでSIMロック解除方法を確認する

(3)指示にしたがいIMEI番号を入力

控えておいた「IMEI番号」を入力し、次へ進む。

手続き確認画面を進み「解除手続きをする」を選択します。最終画面で「手続きが完了しました」と表示されれば完了です。

・SoftbankのAndroidスマホは、SIMロック解除時に発行される「解除コード」というものも発行されます。
・他キャリアのSIMカードを差した時に「解除コード」を求められる場合がありますので一緒に控えましょう。

これだけです。

ふじ先生
ふじ先生

実はめっちゃカンタンやで!

SIMロック解除ができたかどうか確認したい

SIMロック解除の手続きは実施したけど、実際にはどうなんだろう?と不安に思われる方もいるかもしれません。

いざのりかえを行おうと思った際に、SIMフリー端末になっているか不安になるため、SIMロック解除の確認方法も解説していきます。

SIMロック解除確認方法

・スマホ本体から確認する
・チャットサポートで確認する

確認方法はこの2つ。

おススメは、スマホ本体から確認する方法ですが、古い機種では確認できない場合もあるため注意です。

スマホ本体で確認する方法

※iPhoneの確認例

最近のスマホは、設定画面からSIMロック解除の確認ができます。

■iPhone
「設定」⇒「一般」⇒「情報」⇒SIMロック を確認

■Android例
「設定」⇒「デバイス情報」⇒「SIMカードステータス」

アンドロイドも同じく設定画面からSIMロックの解除が確認できますが確認方法はそれぞれのスマホで異なるため、ここでは一例の紹介となります。

「SIMロックなし」などと表示されていればSIMフリー端末です。

万が一確認が出来ない場合は、チャットサポートへ確認しましょう。

チャットサポートで確認する

※出典:Softbank HPより

各キャリアのサポートページより、チャットサービスにて「SIMロックが解除されているか確認したい」旨をオペレータに伝えましょう。

また、Androidスマホの「解除コード」もチャットサポートで聞く事が出来ます。

ショップにいって確認する方法もありますが、待ち時間もあるしおススメしません。

※docomo公式サイトのチャットサポート

※au公式サイトのチャットサポート

※Softbank公式サイトのチャットサポート

のりかえに向けて準備を!

大手キャリアが作り出したSIMロックという仕組み。ユーザを縛るためのもので、本来であれば全ての端末がSIMフリースマホであるのが理想です。

楽天モバイルなどにのりかえても同じ本体を使えますし、手軽に他社のSIMカードで通信ができます。フリマアプリや中古ショップなどでスマホ本体を売る場合も「SIMフリー端末」の方が高く売れます

それだけマイナスしかない状態。

できるだけすぐにロックの解除をしましょう。

複雑な仕組みと思われがちですが、実はとても簡単です。

複雑なのはキャリアのプランや縛り方法、しかも毎月高額な出費・・・そんなキャリアから早く抜け出しましょう。

ふじ先生
ふじ先生

脱大手キャリアや!

タイトルとURLをコピーしました