サブブランドや格安SIMってなに?スマホの通信キャリアを知ろう!

サブブランドや格安SIMってなに?スマホの通信キャリアを知ろう!通信・キャリア

こんにちは、ふじです。

今回は通信キャリアの種類の話をします。

ここ最近新しいブランドが参加してきたため、いろいろ分かりづらくなっている方もいらっしゃると思います。また、ご自身が契約しているキャリアはどのレベルなのかも知ることができます。

うーさん
うーさん

とりあえずahamoでいいの?

ふじ先生
ふじ先生

そういう人は通信キャリア
選びに失敗するで!

各通信キャリアの種類を整理し分かりやすくすることで、無駄にお金をかけていないか・使い方に合っているのかなど、見直しの気付きになれば幸いです。

スポンサーリンク

通信キャリアってなに?

そもそも「通信キャリア」ってご存じでしょうか?

電気通信事業者(でんきつうしんじぎょうしゃ)とも言われ、一般的に携帯電話等の電気通信サービスを提供する会社の総称。携帯電話会社については携帯会社と呼ぶことが多いがDocomoなどの携帯電話回線会社とAppleなどの携帯電話製造会社との混同されるため呼ばれ方が変わりつつある。回線事業者または回線会社として扱われる。

出典:ウィキペディア

つまり、契約が出来る携帯電話会社です。

この通信キャリア、昨今大きく整理し直されポジションが明確になりました。それぞれ順番に説明します。

用語は一部変更になる場合もあるため、何となくのニュアンスで読み取ってください。

大手キャリア

携帯電話業界を牽引してきたキャリアです。

自社でモバイル回線の設備を持ち、電波を発する事でサービスを提供しています。サービス品質もよく、ショップを設けフルサポートが出来る、いわば「ハイグレードキャリア」です。

「ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル」がそれらに当たります。

特徴としては、通信品質が高く、高速で大容量通信が可能。故障・ヘルプなどのサポートも手厚く、インターネット契約や電気契約なども完備しており、なんでも屋。

その分月額の料金も割高です。

お金に余裕がある・自分では何も分からない・高いお金を出しても良いサービスを受けたい方に向いています。

ポイント

・品質もサポートも強いハイグレードキャリア
・様々な契約が出来る
・高いお金を出し良いサービスを受けたい人向け

サブブランド

大手キャリアが展開する廉価キャリアです。

大手キャリアの通信品質を使い、サービスを手薄くしたモデルで、ショップによるサポートも受けれるため便利なポジション「ミドルグレードキャリア」です。

「UQモバイル・ワイモバイル」になります。

サービスが大手キャリアとほぼ同じになったため、非常にコストパフォーマンスが良いキャリアです。大手キャリアとの差別化ポイントは「大容量データ通信をするかどうか」です。

通信量もそんなに使わないサポートも受けたいという方へおススメです。

月額費用も990円からと非常に安く収まる場合もあるため、満足度の高いキャリアです。

ポイント

・大手キャリア並みのサービス
・大容量通信をしなければサブブランドで充分
・月額通信費も安い

オンラインブランド

大手キャリアが運営する、新しいブランドです。

通信品質も良く、そこそこ大容量の通信も可能で、通信に詳しいデジタルネイティブ世代向けキャリアとして発売されました。

「アハモ・ポヴォ・ラインモ」がそれにあたります。

大手キャリアやサブブランドとのいちばんの違いは「オンライン専用」であること。インターネットを使っての契約や通信設定など自分で実施が出来る・分からないことは自分で調べて解決できる方におススメです。

いちばんのメリットは手軽に契約が出来るというところ。ムダを省いたシンプルな仕組みなので申し込みもしやすく、物理的なSIMカードのやり取りがないeSIM契約であれば15分で終わるくらいシンプルです。

私の個人的な感想ですが、サブブランドもあるため、正直微妙なポジション。その理由は以下の記事を参考に。

ポイント

・オンライン専用でシンプル・手軽に契約が可能
・月額通信費はやや高め
・新ブランドで今後に期待

格安SIMキャリア

「格安SIM」「格安スマホ」などと呼ばれます。

大手キャリアから回線や設備を卸してもらい通信の仕組みを販売するキャリアで、維持費がかからないのがメリットです。

オンライン専用も多く、サポートも手薄いですがその分月額通信費はとにかく安い

「マイネオ・OCNモバイル・IIJみお・BIGLOBEモバイル・日本通信SIM」などかなり多くの会社が参入しています。

各社独自のサービスやプランを持っており、選ぶ楽しみがあります。

デメリットは通信品質が良くない点。具体的には通信が混み合う時間帯に低速化するなどが挙げられます。しかしごく一部の時間帯のみであるため、それを上回る圧倒的な通信費の安さがありおススメ度はかなり高いです。

最近では、大手キャリアと同等の通信品質を維持する格安SIMキャリアもいるので、まず満足できます。

ポイント

・ムダが無くとにかく安い
・各社魅力的なプランやサービス
・最近では通信品質も向上中

通信キャリア選びのコツ

ではどのように、4つのキャリア種類から選べばいいのでしょうか。

選び方のポイントまとめ

選んで失敗したくない方のために、カンタンに表にまとめました。

キャリア種類大容量通信通信品質サポートサービス月額費用グレード
大手キャリア高額最高級
サブブランド△~〇低額~中額普通
オンライン中額普通
格安SIM△~〇低額低い

ざっくりとこのようなイメージです。

格安SIMやサブランドはプランが様々なので一概に言えませんが、おおよそこの認識で間違いありません。

おおよそ通信品質に関しては大差がなくなってきています。コストパフォーマンス的に見ると、やはりサブブランドがベストでしょう。

とくに電話も通信もほとんど使わない人はサブブランドで充分です。

見直しの最重要ポイント

電話も通信も、使用量は人によっていろいろあると思います。

しっかりと自分の使い方を見直すのが重要となります。

・お使いのキャリアは使い方に適切でしょうか?
・ムダに最高級グレードにしていませんか?

改めてこちらを確認しましょう。

それぞれ「マイページ」からデータ使用量などが確認できます。

私自身サブブランドや格安SIMを使っていますが、自分で工夫もできますし、無制限に大容量データ通信もしないため充分に満足しています。

同じように思う方も多いのではないでしょうか?

うーさん
うーさん

私の使い方なら
サブブランドか格安SIMでいいかな

ふじ先生
ふじ先生

大手キャリアは最高級品。
ロレックスやベンツみたいなもんや

また、そもそもスマホの相談ってどこでしたらいいのか分からない場合が多いです。そんな方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

もっと詳しく知りたいという方は私のTwitterや、無記名で質問投稿ができるマシュマロで相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい!

タイトルとURLをコピーしました