通話かけ放題を提供するおススメ9キャリア比較!自分にあったかけ放題キャリアを探そう!

その他キャリア

仕事やプライベートで「どうしても電話は完全かけ放題じゃなきゃダメ!」という方いらっしゃいますよね。

今回はこういった方へ向けた記事となります。

LINE通話じゃダメ5分かけ放題も毎回電話を切るのめんどくさい気が付いたら5分なんてあっという間に過ぎてるとにかく通話をよく使うなど。

このような方の共通点としてあるのが「月額基本料が高い」です。

「通話かけ放題」を提供しているのは大手キャリアしかない?となんとなく大手キャリアを選んでスマホ代が高額になっていませんか?

実は「通話かけ放題」でも安くできるキャリアがあるのです!

この記事を読めばわかる事

・通話かけ放題プランを提供できない理由
・かけ放題を提供しているキャリアや比較
・いちばんおトクなかけ放題提供キャリア

とにかく高額になりがちな「通話かけ放題」の基本料。サブブランドやオンライン限定ブランド、格安SIMキャリアなど、各社用意している「通話かけ放題」を紹介します!

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

通話かけ放題プランを提供できない理由

格安キャリアは通話かけ放題のプランを提供していません

その理由はずばり「高い」から。

各社格安キャリアは、大手キャリアより通話代を卸してもらい、それを提供してユーザへ提供していますがどれくらい通話されるのか分からず、提供する側としても費用が読めないのでリスクも高いです。

そもそも利益が薄い格安キャリアは、このコストを嫌います。

ただしここ最近、その卸価格が安くなりつつあります。その結果、少しずつ通話かけ放題を提供できる格安SIMキャリアが出てきました。

ふじ先生
ふじ先生

参考までに大手3キャリアの
通話かけ放題から紹介するで!

大手3キャリアのかけ放題プラン(参考)

参考までに大手3キャリアの通話かけ放題プランです。

データを3GBを使った時の料金で比較したいと思います。

【各プラン3GB時料金+通話かけ放題】

キャリアドコモauソフトバンク
プラン名ギガライトピタットプランミニフィット+
最大基本料5,850円
(税込6,435円)
6,350円
(税込6,985円)
6,480円
(税込7,128円)
最低基本料
(家族割など)
4,680円
(税込5,148円)
4,850円
(税込5335円)
5,480円
(税込6,028円)
※2021年3月時の料金

※通話かけ放題オプションは+1,000円

各社段階性プラン3GBに通話かけ放題を足した金額です、データ3GBとしてはかなり高額ですね。これだけ払っていたんだ!?って思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

通話かけ放題を提供してる格安キャリア

現在、大手3キャリアを除いた通話かけ放題を提供しているキャリアは9社あります。

大手キャリア、サブブランド、格安キャリア、オンライン限定新ブランド、それぞれ紹介します。

大手、サブブランド

以下3社が通話かけ放題を提供しています。

大手、サブブランド

・楽天モバイル
・UQモバイル
・ワイモバイル

プラン楽天モバイルYモバイルUQモバイル
基本料1,980円
(税込2,178円)
1,980円
(税込2,178円)
1,480円
(税込1,628円)
通話かけ放題専用アプリ
で無料
+1,700円
(税込+1,870円)
+1,700円
(税込+1,870円)
合計金額1,980円
(税込2,178円)
3,680円
(税込4,048円)
3,180円
(税込3,498円)
データ3GB時3GB3GB
回線RakutenSoftbankau
特徴エリア内
使い放題
家族割2台目
以降-1080円
データ繰り越し
※2021年2月時の料金

大手キャリアが約6,500円~のところを、約半額で使えます。

特に楽天モバイルは、3GB未満であれば980円(税込1,078円)と他社を寄せ付けない圧倒的な安さ。

格安キャリア

なかなか利益の取れない中、格安キャリアでも3社が通話かけ放題プランを提供しています。

格安キャリア

・OCNモバイルONE
・日本通信SIM
・HISモバイル

キャリアOCNモバイル日本通信SIM
(合理的かけほ)
HISモバイル
(格安かけほ)
基本料900円 
(税込990円)
2,480円
(税込2,728円)
2,480円
(税込2,728円)
通話かけ放題+1,300円
(税込+1,430円)
合計金額2,200円
(税込2,420円)
2,480円
(税込2,728円)
2,480円
(税込2,728円)
データ3GB3GB3GB
回線docomodocomodocomo
特徴本体セット
もオトク
コスパ良しコスパ良し
※2021年2月時の料金

サブブランドよりも、さらに約500円~1000円程度安く使えます。docomo回線の安定性とコストで比較するならOCNモバイルONEが最安となります。

オンライン限定ブランド

最後にオンライン限定ブランドの紹介

オンライン限定ブランド

・ahamo
・ LINEMO
・povo

キャリアahamoLINEMOpovo
基本料2,700円
(税込2,970円)
2,480円
(税込2,728円)
2,480円
(税込2,728円)
かけ放題+1,000円
(税込+1,100円)
+1,500円
(税込1,650円)
+1,500円
(税込1,650円)
合計金額3,700円
(税込4,070円)
3,980円
(税込4,378円)
3,980円
(税込4,378円)
データ20GB20GB20GB
回線docomoSoftbankau
特徴海外80か国
ローミング
LINE
カウントフリー
トッピング
※2021年3月より

データ20GBとなり、カンタンな比較と言えなくなりますが約4400円まで上がります。大手3キャリアの高いプランともあまり差がなくなり、お得感は感じられません。

それぞれの比較まとめ

楽天モバイルのコスパが光ります。ただしエリアが狭いなどの弱点が。次点で日本通信SIM・HISモバイル、OCNモバイルONEと続きます。

まとめ

・とにかく安く:楽天モバイル
・品質+安く:日本通信・HISモバイル、OCN
・ショップ有:UQモバイル、ワイモバイル
・データ量中心:オンライン限定ブランド

このような選択の仕方がベストでしょう。

もしDSDSスマホをお持ちであれば、メイン通話回線を楽天モバイルデータを他社データSIMとする事で、通話かけ放題+3GB:980円(税込1,078円)でかつau回線など大手キャリアの通信品質も可能。

DSDS対応のiPhone12などをお使いで、設定に自信がある方は試してみて下さい!

※楽天モバイル公式サイトはこちら

かけ放題可能なおススメ格安キャリアは?

今は通話かけ放題を提供する格安キャリアは多くなりました。電話かけ放題が必要だからと大手キャリアを選択する意味はありません。

そこで、私がおススメする格安SIMキャリアを紹介します。

OCNモバイルONE

とにかく安く、データ品質もよい方がいい!と言う方は「OCNモバイルONE」がおススメです。

おススメ理由

・運営会社がNTT系
・安心のドコモ回線
・通信速度も速い
・機種同時購入が安い

特に、機種同時購入がオトクなOCNモバイルONE端末が届けば設定不要でそのまま使えるのも魅力です。

またiPhoneのラインナップも充実しており、なんと最新iPhone12もラインナップに並んでいます。OCNモバイルONEは時々機種割引キャンペーンを実施しており、かつラインナップも豊富なのでとてもおススメです。

※OCNモバイルoneの公式サイトで確認する

日本通信SIM・HISモバイル

安定のdocomo回線に加え、安さもピカイチ。

そして何よりも、1GB辺りの追加金額が250円(税込275円)とかなり安いです。パケットがもう少し欲しい!と言う方にはもってこいですね。

おススメ理由

・最安クラス
・安心のドコモ回線
・通信速度も速い
・1GB辺りの追加データ料金が安い

ご自身で好きなパケットに設定する事で、希望の月額費用に決める事ができます。例えば月額3000円に抑えたいと言う場合、ギガを5GBに設定しておけばOK。

基本料 2,480円(税込2,728円)+ギガ2GB分 500円(税込550円)=合計2,980円(税込3,278円)

多少ギガを使っても、他社より安いです。

※日本通信SIMの公式サイトで確認する

タイトルとURLをコピーしました