楽天モバイルの契約はちょっと待った!知っておくべき注意点やデメリット!

モバイル関連

2020年4月8日、第4のスマホキャリアとしてサービスを開始した楽天モバイル

申込者数が300万人突破し、いよいよ初年度無料対象キャンペーン終了が2021年4月7日までと、迫ってきました。月額費用も安く、データ無制限で使えるため、申込を検討している方も多いかと思います。

今回は、そんな楽天モバイルの申し込みを検討している方に向けた記事となります。

ずばり、知っておくべき注意点やデメリットを解説します。

この記事で解説する内容

・エリアってどうなの?
・電波が弱いって聞くんだけど?
・iPhoneだと使えないらしんだけど?
・もらえる特典ってどんなもの?

この記事を読めば、本当に今すぐ申し込むべきか、また特典の取り逃しを防ぐことができます。

以外と忘れがちでポイントの取り逃しが多いんですよね。急いで申込み失敗しない為に、ぜひ参考にしてみて下さい。

ふじ先生
ふじ先生

ちなみに私はポイント申込忘れたで!

私のようなことが無いよう、しっかりチェック!

スポンサーリンク

楽天モバイルのエリアは狭い?

出典:楽天モバイル エリアMAP

2021年4月末 楽天モバイルのエリアMAPです。

・濃いピンク+紫色が「楽天エリア」で通信無制限
・薄いピンクがパートナー(au)エリアでデータ5GB

各県の都市部は概ねカバーされていますが、地方は結構きびしいです。

特に薄いピンク色のパートナー(au)回線と比較するととても分かりやすいと思いますが、まだエリアが広いとは言えない状況。

とはいえ、圏外ではなくau回線でデータ5GBとなるので全く使えない事はありません。

ふじ先生
ふじ先生

必ずエリアはチェックするんやで!

※楽天モバイルの公式サイトでエリアを調べる

また、楽天モバイルは2021年夏頃に人口カバー率96%を目指すと宣言しています。

楽天モバイルは電波も悪い?

楽天モバイルは「プラチナバンド」ではありません。

結論、楽天エリア内で建物が少なければ高速で無制限の通信が可能です

スマホの電波にはそれぞれ特徴があります。

電波のイメージ例

・遠くまで届くが遮へい物に弱い電波。
・短いが干渉に強い電波。
・遮へい物を回り込みすみずみまで届ける電波。

大手3キャリアは「プラチナバンド」と言う、遮へい物を回り込みすみずみまで届ける電波を持っていますが、楽天モバイルはこれがありません。

電波は強く遠くまで届くのですが、建物に弱い為、電波が悪いと思われるのです。大型ショッピングモールや地下などはパートナー回線に切り替わることが多いでしょう。

ちなみに「パートナー回線」はプラチナバンドです。

Twitterフォロワーまろれーるさんの記事が分かりやすいので参考に!

※まろれーるさんの使用レビュー記事はコチラ

ふじ先生
ふじ先生

結論、電波は強く速い!
ただ遮へい物に弱いで。

楽天モバイルもプラチナバンドを取得する為、総務省へ電波の再分配を申請しています。プラチナバンドを獲得することができれば、電波の強さも3キャリアと並びになりそうです。

利用中のiPhoneでも使える?

楽天モバイルはiPhoneの対応が遅れています。使える機種・使えない機種があり、また一部の機能は使えません。

使えない機能は以下のようなもの。

使えない機能

・パートナー回線でのショートメッセージ
・楽天回線⇔パートナー回線自動接続切り替え
・緊急災害速報
・110/119通話の高精度な位置測定

普段使いは問題ありませんが、公式サイトでは「自己責任」との表記もあり注意が必要。詳しくは以下のページで解説していますので参考にしてみて下さい。

デメリットは分かった!今すぐ申込みたい!

このように思った方、ちょっと待ちましょう。

通常、楽天モバイルは申込みで高額ポイント還元キャンペーンをしています。

ポイント還元内容

・申込みで誰でも5000ポイント
・スマホ本体も一緒に購入で最大20000ポイント

ちなみに購入するスマホでポイント数も変わってきますので公式サイトをチェックしましょう。

※楽天モバイルの公式サイトで調べる

ポイントは翌々月末に付与されるため、おおよそ2か月後にもらえます。この還元キャンペーンは公式サイトにも記載があるため認知度は高いのですが、忘れずに以下をチェックしてみて下さい。

それは「楽天ポイントクラブ」です。

楽天会員になり「楽天ポイントクラブ」から楽天モバイル切り替えの事前エントリーを実施することで1000ポイントがもらえます。

「楽天ポイントクラブ」とは、楽天ポイントの利用・獲得履歴やキャンペーンのエントリー履歴を確認したり、お得なキャンペーン情報やポイントの貯まるサービス情報をチェックできます! 

※出典:楽天ポイントクラブより

せっかくならもらえるポイント還元は多い方がよいですよね。

申込の前に「楽天ポイントクラブ」を必ず確認しキャンペーンが実施されているか確認しましょう。

※楽天ポイントクラブ公式サイトで調べる

ふじ先生
ふじ先生

ちなみに私は申込忘れたで!

超おススメ!サブ回線で申し込みをしよう

メイン回線はやや不安と思われた方、「サブ回線」として申し込むのがベストです。

理由は、費用がかからない為。

楽天モバイルは契約事務手数料や解約金がかかりません。また初年度無料や、4月から始まるデータ1GB未満であれば月額無料の「Rakuten UN-LIMITⅥ」があります。

つまり、月額負担がほとんどありません(ユニバーサルサービス料はかかる)。

おススメする理由

・費用の負担がほとんどない。
・ポイント還元ももらえる。
・実際に試して使える。

「Rakuten Handなどのスマホ本体を一緒に購入して高額ポイント還元をもらってもOKですし、ポケットWi-Fi「Rakuten WiFi Poket」を申し込んでもOKです。

この「Rakuten WiFi Poket」がめちゃくちゃおススメ!

回線とセットで申し込むことで機種が1円ですのでほぼ初期費用がかかりません。家のWi-Fiサポートとして使ってもいいですし、ひとり暮らしであればこれ一つでインターネットの申し込みは不要

メイン回線ののりかえはまだまだ不安が多い楽天モバイル。そのため、サブ回線として楽天モバイルを試すにはもってこいです。

多くのキャンペーンもありますし、何よりポイント還元がおいしいですよね!

※楽天モバイルの申し込みはコチラ!
ふじ先生
ふじ先生

還元は初めて申し込む人だけやで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました